高校生のクリスマスデートの立て方と予算について

2018年12月14日

12月になり、世間はクリスマスムード一色です。

 

この時期になるとクリスマスデートのことでそわそわしてる高校生も多いのではないでしょうか?

 

高校生は大学生や社会人と違って、バイトをしている人が少ないので、クリスマスでの悩みはやっぱり「お金」の面になるかと思います。

 

クリスマスディナーでお金の高い場所は行けないし、かといって安すぎるところはどうなのかな?なんて悩むはずです…(>_<)

 

今回はそんな高校生の為に「クリスマスデート」の立て方をまとめたので是非ご参考にしてください♪

 

 

スポンサーリンク

■先ずはクリスマスデートの予算を決めよう!

 

高校生のクリスマスは、一生で3回しかやってきません。

 

そんな高校生のクリスマスを良い思い出にする為にも、「クリスマスデート」の立て方を学ぶ必要があるのです。

 

何事も「準備」が必要なので相手を喜ばせる為には先ずは一通りのプランニングを立てる必要があるのですよ(^^)

 

では早速見ていきましょう♪

先ずは「予算」を決めていくことから始まります!

 

予算を決めないことには、クリスマスデートの内容も決まらないので、ここをしっかりと決めたうえで次なるプランを考えていく必要があるのです。

 

例えば、予算が0円の人と10,000円の人では、クリスマスデートの内容も変わってきますし、全てをあなたが負担するのか、割り勘にするのか、によってもデートの内容が変わってきます。

 

従って、「クリスマスデートに使うお金」を先ずは把握して、そこからプランを立てていきましょう!

 

『関連記事:大学生のクリスマスディナーの予算は何円?割り勘でもOK?』

 

 

■クリスマスデートの予算を抑える方法!

 

あなたはどのようなクリスマスデートにしようと考えてますか?

 

既に、「クリスマスデートの内容は決まっている!」という準備万端の人もいれば、「今恋人と話し合い中」という人もいるかと思います。

 

しかし、いずれの場合もしっかりと予算内に収める事ができているか確認する必要があります。

 

なぜなら、いざクリスマスディナーをしてみたら「予算オーバーだった…」なんて事になったら大変ですから…(´;ω;`)💦

 

それに「ついつい話しが盛り上がって予算を忘れてしまう…」なんてことはよくあることなので予算を意識した上でプランを立てるようにして下さい!

 

ただ、予算を抑えたいのであれば、「テーマパーク」は避けた方が無難といえます。

 

やはり、ディズニーランド、富士急、USJなどは入場料が高いので、“割り勘”ということを考えれば範囲内に収まるかもしれませんが、あなたが相手の分まで負担する事を考えたら「予算を抑える」とはいかないからです。

 

そこでオススメになるのは、やっぱり“夜景”“イルミネーション”となります。

 

夜景であればお金はかからないし、最近ではお金を使わないで素敵なイルミネーションを見る事もできます。

 

<限られた予算をいつ使うのか?>

予算が決まったら、次にポイントとなるのが予算をどのタイミングで使うのか」という部分になります。

 

たとえば、「クリスマスデートを一日楽しむ人」と「クリスマスデートはディナーだけの人」では、予算の配分が違ってきます。

 

仮に「クリスマスデートを一日楽しむ人」であっても、交通費や外食を控える事ができれば、“テーマパーク”に行くことだって可能になり、反対に朝から夜までお金を使う事を控える事ができれば、豪華なディナーを楽しむことだってできるのです。

 

ですので、次はどこに「予算を充てるのか」という部分を考える必要があるのです。

 

『関連記事:おうちでも簡単にできる手作りクリスマスディナーで彼氏を喜ばせよう』

 

 

■クリスマスデートの予算とプランの立て方

 

高校生であれば「クリスマスデートに使える予算」というのは限られているので、限られたお金を有効に使わなければなりません。

 

そこで疑問になるのが、「プランを立ててから予算を決める」「予算を決めてからプランを立てる」という部分です。

 

先に結論から述べると「予算を決めてからプランを立てる」べきです。

 

例えば、「プランを立ててから予算を決める」を選択してしまうと、行きたい場所にばかり目を向けてしまい現実からかけ離れてしまうことになります。

 

極端な話をすれば、クリスマスデートは「海外に行きたい♪」なんてプランを立てたところで、結局そのお金が無ければ実現することはできないですよね?

 

その点、クリスマスデートは「2人で5,000円以内」と予算を先に決めてしまえば、その予算に合ったプランを決める事ができるのです。

 

仮にクリスマスを朝から夜まで2人で楽しむとしても、予算が決められている事で「どのタイミングでお金をかけるか」という部分が明確になってきます。

 

そうなれば必然的に「お金を使わない時間をどのように過ごすか?」という部分を決めることになるので、予算を決めてからプランを立てる必要があるのです。

 

『関連記事:高校生のクリスマスディナーで失敗した苦い想い出』

 

 

■クリスマスにテーマパークに行く事は混雑を意識

 

クリスマスにディズニーランド、富士急、USJといった“テーマパーク”に行きたいと思うのはあなただけではありません。

 

他のカップルもみんな同じ事を考えるので、クリスマスのテーマパークは混雑することを意識しましょう。

 

ただ、テーマパークに限らず、デートスポットであればどこも混むことが予想されるので、ある程度は覚悟しなければいけませんが、人ごみが苦手だというのであれば、家でまったりと過ごすのもいいのかもしれません♪

 

他にも夜だけイルミネーションに出かける、穴場のデートスポットに出かける、など工夫次第で混雑を避ける事もできるので、ベストなプランを立てて下さいね。

 

『関連記事:大学生の彼氏もきっと喜ぶ♪2018年のクリスマスプレゼントはコレで決まり!』

 

 

■素敵なクリスマスデートにする為に

 

いかがでしたか?

 

高校生の「クリスマスデートプランの立て方」についてまとめてみました。

 

クリスマスデートをするには、どうしても“お金”が掛ってしまいますが、予算を把握した上でプランを立てる事ができれば、限られたお金でも楽しむ事はできます。

 

しかし、行きたい場所を並べて予算を立ててしまえば、必ずどこかの場面で無理が生じるので注意が必要となります。

 

実際にクリスマスデートをした時に「お金が足りない・・・」なんて事になれば恥ずかしい思いをしてしまいますからね。

 

そして、お金があるからといって楽しめるわけではなく、逆にお金が無いからといって楽しめないわけでもないので、「楽しめる」という判断基準をお金の問題にするのはやめましょう。

 

確かにお金があれば選択肢は増えますが、その考え方を捨てない限り、今よりもお金に余裕がある大学生や社会人になった時に、「楽しさ=お金」という発想になってしまいます。

 

 

そうなれば、大切な相手をテーマパークや遠出に連れて行った事だけに満足してしまい、「2人で楽しむ」という本来相手が求めている事を忘れてしまい、結果的に自己満足で終わってしまうことになりかねません。

 

あくまでもクリスマスを“2人で楽しむ”という事を忘れず、最適なプランを立てて下さいね。

 

大切な人と素敵なクリスマスをお過ごしください♪

 

『関連記事:~2018年~10代の彼女が喜ぶクリスマスプレゼント』

 

スポンサーリンク